印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

Copyright 2011-- Sapporo Yamanote S.S.E.S. All Rights Reserved.

山の手校長局

キャリア教育講演会

12月6日(水)

 

山の手校長局

北海道医療センターとの連携研修

11月24日(金)

 

山の手校長局

高等部 総合学習・CD組販売学習

11月20日(月)

 

山の手校長局

家庭教育学級講演会

11月6日(月)

 

山の手校長局

小中学部合同学校祭

10月28日(土)

 

山の手校長局

札幌市中学校英語暗唱大会6位入賞   高等部見学旅行

10月25日(水)

 

山の手校長局

高等部「卒業生講演会」

10月12日(木)

 

山の手校長局

研修会と合同合唱会

10月3日(木)

 

山の手校長局

イラムカラプテ

9月21日(木)


 

山の手校長局

秋季自立活動

9月20日(水)


 

山の手校長局

小学部朝会

9月11日(月)


 

山の手校長局

開校記念日(9月1日)に想う

9月1日(金)


 

山の手校長局

八雲病院の機能移転に係る基本計画案に関する保護者説明会開催

8月30日(水)


 

山の手校長局

☆新川高校ダンス部の皆さんが今年も来てくれました!!

8月25日(金)


 

山の手校長局

第2学期 始業式の挨拶(2017.8.21)

8月21日(月)


 

山の手校長局

第1学期 終業式あいさつ(2017.7.21)

7月21日(金)


 

山の手校長局

山の手校長局:ひふみんアイ(2017.6.27)

6月26日(月)


 

山の手校長局

山の手校長局(2017.6.21)

6月21日(水)


 

山の手校長局

山の手校長局(2017.6.15)

6月13日(火)


 

山の手校長局

山の手校長局(2017.4.28)

4月27日(木)


 

山の手校長局

山の手校長局(2017.4.25)

4月25日(火) 今日の出来事

【楽しかったこと】
 小学部の「1年生を迎える会」がありました。6年生男子2人による名司会でスタート。タカ&トシを彷彿させるボケとツッコミに思わず大笑い。今年の新入生はA君1名でした。みんなの拍手で入場です。ハニカミながらも中央の椅子に座ります。6年生からの歓迎の言葉、校長の挨拶と続きます。
 次は自己紹介です。上級生から下級生の順に紹介がはじまりました。クラスと名前、好きなこと(もの)、今年頑張りたいことなどを元気よく話していました。続いて教職員の自己紹介です。ユーモアを交えながら、A君に語りかけます。
 A君の緊張感もほぐれてきたところで、学年の出し物がはじまりました。1~3年生の2名が登場。サングラスに帽子。おしゃれに変装。ミュージックスタート♪♪ リズミカルなダンスです。最後はみんなで踊りました。
 次は5~6年生の登場です。ピカチュウとヒロシのようです。突如、悪役3人が登場し、ピカチュウが捉えられます、A君のモンスターボールから強いモンスターが登場し、見事悪役を追い払いピカチュウを助けることができました。みんなで喜びの合唱で幕を閉じました。めだたし・めでたし。
 次にA君に手作りのランチョンマット等が上級生からプレゼントされ、A君の自己紹介とお礼の言葉がありました。最後に全員で記念撮影をしました。
笑顔あふれる、素敵な「1年生を迎える会」でした。写真がないのが残念・・・。

【おいしかったこと】
 お昼過ぎに校長室をノックする音が・・・。出迎えると高等部の女子生徒でした。調理実習で作ったスープを持ってきてくれました。私の大好きなチーズとベーコンときのこの入ったスープでした。とてもおいしかったので、一気に食べてしまいました。
 食べ終わって、アッ・・・。写真を撮るのを忘れてしまった。文字だけではおいしさが伝わらない。次回は写真をきちんと写そう。また、持ってきてくれるかな?
【すごいと思ったこと】
 昨日、小学部で校内探検があり、小学部のBさんが校長室を訪れた時に、「あした、音読発表会があるので、時間があれば来てください。」と大きな声でお誘いをいただきました。そこで約束の時間に教室へいきました。小学部の3名が順番に音読発表です。1年生のA君は「うたにあわせて、あいうえお」を大きな声で元気よく音読しました。2年生のBさんは「ふきのとう」を読み、台詞のところの感情表現が素晴らしかったです。3年生のC君は長文の「きつつきの商売」をはっきりと正確に音読していました。練習よりも本番で力を発揮した3人の精神力はすごい!!! この先が楽しみです。

 

山の手校長局

山の手校長局(2017.4.24)

平成29年度の初めにあたり
   ~着任のご挨拶~

                            校長  網谷 和彦
 4月になり、まだまだ寒さを感じる日がありますが、日々、少しずつ暖かくなってきました。そんな中、4月10日は新入学をお祝いするように日差しがそそぎ、小学部1名、中学部1名、高等部4名、合計6名の新入生を迎え、小中高の在校生・新入生の保護者の皆様とともに、平成29年度の入学式を盛大に挙行いたしました。
 本校は昭和31年9月に当時の国立札幌療養所の第8病棟に札幌市立琴似小・中学校分教室として創設され、その後琴似小・中学校の分校時代を経て、昭和38年から札幌山の手養護学校となりました。昭和44年には全国の病弱養護学校に先駆けて高等部が開設され、病気治療を行いながら、病状に応じた教育を進めてまいりました。
 また、平成28年には国立病院機構八雲病院の機能が北海道医療センターに移転することに伴い、センター敷地内に建設される新病棟に、道立八雲養護学校の後継校と山の手養護学校を併設する方針が出され、2020年度から新校舎での授業を予定しています。こうした歴史ある山の手養護学校に着任できたことに対し、喜びとともに校長としての責任を感じております。
 本校の教育目標は「心身の健康回復や改善を図り、一人ひとりの可能性を伸ばし、心豊かにたくましく生き抜く児童生徒を育てる」であり、この具体的な内容として「知」「徳」「体」の回復と調和を大切にすることが含まれています。
   「心身の健康回復や改善を図り」=「体」(健康の回復)
   「一人ひとりの可能性を伸ばし」=「知」(学力の回復)  【調和】
   「心豊かにたくましく生き抜く」=「徳」(自信の回復)
 この本校普遍の教育目標をもとに今年の「重点目標」として、次のように定め、教育計画を策定したしました。

児童生徒の「生活」と「学び」の質の向上に取り組む
   (授業改善・自尊感情・キャリア教育)
「生活の質の向上」
   自尊感情・キャリア教育(将来のために今、何をなすべきか)
「学習の質の向上」
   授業改善・キャリア教育(将来のために今、何を学ぶべきか)

 この重点目標を具現化するために、小中高の各学部で具体的な方策をとり、児童生徒の一人ひとりのニーズに応じた教育活動を行っていく所存でおります。また、特別支援学級等への病弱教育校としての専門性を生かしたセンター的機能についても本校の重要な役割と考えております。
 今後は校舎の移転新築、八雲養護学校との校舎供用に向けた様々な課題もありますが、本校の児童生徒のために、保護者、病院関係者、本校教職員、地域の皆様と連携・協力して、今後もより良い山の手養護学校を築いていきたいと思います。ご支援とご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。

 これからもホームページに校長としての想いを掲載していきます。